Bach Flower 

Rescue remedy 20ml 240

Rescue Remedy Spray 20ml 240

Rescue cream 50g/200

Rescue Pastilles 150

バッチフラワー レメディの レスキューレメディは最もよく使われるレメディの

一つです。日常の様々な場面で経験する突然のストレスや心の動揺を静めるために使われます。

■ バッチフラワー レメディ レスキューは、こんな場合におすすめ
・事故にあったり事故を目撃したり、悪い知らせを受けてショックを受けたとき
・試験や面接を受ける前
・結婚式の当日
・人と言い争って気持ちが昂ったとき
・期限に追われて仕事をするとき
・飛行機などに乗るとき
・歯医者などに行くとき
・大切な会合でスピーチをしなければならないとき
・交通渋滞に巻き込まれたとき

・クレマチス・・・ショックで意識を失いやすい心が不安定な状態に。
・チェリープラム・・・衝動的になりそうという自分に対する恐れに。
・インパチェンス・・・イライラや緊張感に。
・ロックローズ・・・恐怖やパニック状態に。
・スターオブベツレヘム・・・トラウマや麻痺した感覚に。 

バッチフラワーとは、イギリスの医師であったエドワード・バッチ博士が研究し体系化した、38種類からなる花のエッセンスです。
地球上にあるすべての花や植物は、それぞれ独自のエネルギーを持っています。
バッチ博士は、数ある花の中から、特定の花の持つエネルギーが、私たちの心の状態に作用することを発見しました。
博士は、病気の結果である症状を治療するのではなく、患者、その人の 全体を治療する必要があるという信念に基づき、

誰もが手軽に使える単純な療法を 研究しました。


博士は、薬に代わるものを植物に求め、長年の試行錯誤の末に、38種類のレメディ を作り上げました。
花の持つエネルギーを抽出するために、摘み取られた花は蒸留水を満たしたガラスのボールに入れられます。
そのボールを、日光あるいは月光のもとに直接さらします。
太陽や月からのエネルギーが、花の持つエネルギーを水に転写するのです。
こうして花のエネルギーが転写された蒸留水に、保存用としてブランデーを加えたものが、バッチフラワーレメディーと

呼ばれるものです。


バッチフラワーには副作用がまったくありません。また、他の療法やサプリメントなどと併用することもできます。
約70年にわたって世界中の人々に愛用されていることや、バッチフラワーと同様の方法を使ってさまざまな

フラワーエッセンスが作られているという事実が、その効果を如実に示しています。


実際、私のような自然療法家だけでなく、多くの医師や歯科医師が治療の一環としてバッチフラワーを取り入れ、

多大な成果をあげています。

もちろん、医療現場だけで使われているのではありません。むしろ、バッチフラワーは家庭において活躍しています。
そのような手軽さもまた、バッチフラワーの魅力です。
バッチフラワーを勉強していくということは、人間のこころの動き・内面を観察し、理解し、どのマイナス感情からその人の言動・悩みが発しているかを洞察していくという行為を指しています。
さらには、マイナス感情と人生とがいかなる関係、いかに密接に結びついているかまで深く踏み込んで理解をしていく、

つまり人生そのものを勉強していく、自分でいい人生をつくっていくことまで含んでいると思います。

copyright reserve©hollyhock co.2023 

  • w-facebook